• HOME
  • シミの治療方法
  • シミの種類と原因
  • 肝斑について
  • シミを作らないために気を付けたいこと
  • 【年代別】美白女性に聞いた、シミ対策
  • シミについての基礎知識
  • シミ治療の口コミ情報
  • 肌のお悩みQ&A
  • エリア
  • 梅田
  • 心斎橋・難波

HOME > 肝斑について

肝斑について

最近CMなども放送されているシミの一種、肝斑。
一般的なシミとは少し違う、肝斑の特徴や治療法についてご紹介します。

肝斑について

老人性色素斑やそばかすなど一般的なシミの場合、一つ一つがはっきりと目立っているのが特徴的です。
それに対し、肝斑は一つ一つがはっきりとするというよりも、肝斑が表れている部分にもやが掛かったような、くすんでいる状態になることが特徴です。

30歳以上の女性に頻発し、最も多いとされているのが両頬に対照的に表れる形ですが、表れる場所には個人差があるため、額や鼻、唇の周りに生じることもあります。
日本人は肝斑ができやすいと言われています。



肝斑の見分け方

肝斑がシミの一種であるように、シミはいくつかに分類することができます。
その中でも肝斑は比較的に最近、知られるようになりました。肝斑が最近まで知られていなかったのは、見分けが難しいからです。
肝斑は一つ一つがはっきりとしているわけではないので、認識されにくいです。
しかし、シミで悩む女性の約3割が肝斑の疑いがあります。

そんな肝斑は、淡い褐色のシミが目の周りを避けるように左右対称にあらわれるのが大きな特徴です。
見分ける場合はこの点に注目してください。

シミや肝斑を作らないためには、紫外線に当たらないことと、ホルモンバランスを整えることが重要ですが、大阪、梅田の日差しは強いので、日傘などを携帯するといいかもしれません。



肝斑の正しい知識

肝斑についてまとめました。 肝斑とはしみの一種で、顔にできた淡褐色の斑のことを言います。日本人は肝斑ができ易い肌質のため、肝斑に悩む女性は30代から40代の方を中心にたくさんいます。
原因は単純なシミと同様紫外線もありますが、女性ホルモンの乱れもあると言われています。そのため、妊娠している最中にだんだんと目立ち始めるケースが多いです。この場合、産後に症状が良くなることもありますが、たいていは肝斑が進行して行きます。

肝斑の注意点は、刺激を与えてはいけないと言うことです。肝斑は刺激に弱いためです。刺激を与えると進行する恐れがあります。
刺激を与えないためには、化粧品とメイク落としに気を使う必要があります。化粧品は必ず肌に合ったものを使用してください。どの化粧品が合うか分からない場合は敏感肌用の低刺激のものを使うことをお勧めします。
また、メイク落しで肌をこすることも刺激です。安物のクレンジングで無理やり落とすのはやめましょう。

肝斑に悩む女性は全国にいますが、評判の良い皮膚科があるのは大阪の梅田です。遠い方でも少し足を伸ばして通うのもいいかもしれません。

肝斑について

肝斑の原因

肝斑の原因
 一番の原因は女性ホルモンのバランス?

シミの原因には様々なものがありますが、肝斑の原因も様々なものが挙げられています。
その中でも最も関係性が深いとされているのが、女性ホルモンのバランスです。
例えば、妊娠やピルの服用がきっかけで肝斑が発生するケース。 これらは女性ホルモンの中でも、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの関係だと言われています。
さらに、紫外線により肝斑が悪化することはもちろんのこと、シミができてしまう原因となるホルモンの分泌にも関係していると言われています。
その他の原因にストレスが挙げられます。特に妊娠の時は、想像している以上にストレスを溜めやすいものです。
妊娠ではない時でも、食事をしっかりとり、睡眠を十分にとり、規則正しい生活を心がけるようにすれば、ストレスも減り、リラックスした生活を送れるでしょう。
ストレスで身体の異変を感じたら、早期に大阪のクリニックで肝斑治療の診断を受けることをお勧めします。

肝斑の治療

肝斑の治療方法
間違った治療法の選択で悪化の可能性も

通常、シミのほとんどはレーザー治療にて治療が可能ですが、肝斑に限ってはむしろレーザーを当てることで悪化してしまうケースが多発しています。
というのも、肝斑が悪化する原因の一つに「刺激」があります。 肝斑を気にしてつい触ってしまうことはもちろんですが、レーザーによる刺激でも悪化してしまいます。
今のところ、肝斑の治療に唯一効果があると言われているのはレーザートーニングという方法です。
また、ビタミンCやトラキネム酸の服用も効果的とされています。

先頭行へ戻る