• HOME
  • シミの治療方法
  • シミの種類と原因
  • 肝斑について
  • シミを作らないために気を付けたいこと
  • 【年代別】美白女性に聞いた、シミ対策
  • シミについての基礎知識
  • シミ治療の口コミ情報
  • 肌のお悩みQ&A
  • エリア
  • 梅田
  • 心斎橋・難波

HOME > 【年代別】美白女性に聞いた、シミ対策

【年代別】美白女性に聞いた、シミ対策

女性の多くはシミやくすみがなく、美しい白い肌に憧れますね。
そこで、美白女性に普段行っているシミ対策を聞いてみました。

美白女性のシミ対策

日本人は黄色人種と言われるためシミや肝斑ができやすい肌質ではあるのですが、それでも街中を見てみると、中にはとても肌が白く、きれいな方も居ますね。

もちろん、生まれつきの肌の色には個人差があり、生まれつき肌が白かったのかもしれません。
それでも、何もしなければもちろんシミやくすみなどの症状は表れますし、悪化だってしてしまいます。

そこで、美しい白い肌を保っている女性に、普段行っているシミ対策を聞いてみました。

美白女性のシミ対策

三十代

とにかく紫外線対策! (ゆりかさん・32才・独身)

美白化粧品も使っていますが、気休めだと思っています。
それよりもやっぱり紫外線対策!
夏場はもちろんですが、私はしっかり着込む冬でも、ちゃんと日焼け止めクリームを塗っています。
といっても、冬ならSPFは30くらいのもので十分かなと思っていますね。
車を運転するときは絶対にグローブを付けています。

薄化粧を心がけています (サキさん・35才・既婚)

子供がいるので、他のママさんに「あの人化粧濃いよね」と言われたくないこともあって…子供が生まれてからは、化粧を控えめにしています。
もともと化粧で肌荒れを起こしやすいタイプだったので、今くらいの薄化粧で程よいみたい。
化粧は薄くても、日傘や日焼け止め、UVカットのカーディガンなどは欠かせません。

四十代

オーガニック志向です (真由美さん・45才・既婚)

肌の弱い娘に良い物をといろいろ調べているうちに、気が付いたら私自身もオーガニック志向に。
なるべく肌に負担の掛からないものを、と選んでいますが、肌のくすみが抜け、調子も良くなったような気がします。
あとは洗顔くらいですね。紫外線対策は特に意識していませんが、夏場は帽子とサングラスが必須です。

強い日焼け止めを (みきこさん・42才・独身)

日焼け止めは欠かさず塗っているのに、なぜか焼けてしまっていました。
そこで、これでダメならあきらめよう!と思い立って、少し高いのですがレジャー用のちょっと強力な日焼け止めを使い始めたら焼けなくなりましたね。
肌への負担が大きいことは分かっているので、毎日時間を掛けて丁寧に落としています。
防ぐだけでなく、丁寧なケアも大切ですね。

五十代

帽子、サングラス、アームカバー (幸江さん・51才・既婚)

主に夏場ですが、帽子、サングラス、アームカバーがなければ外出できませんね。たまに、日傘なんか持ったりします。
20代なんかの若いころは、今の私のような格好のオバサンにはなりたくないと思っていましたが、今になってみると納得ですね。
色が白いと褒められることがありますが、しっかりと保護することが大切かと思います。

薄化粧と日焼け対策 (典子さん・53才・既婚)

私は小さいころから偏頭痛もちなので、外に出るときに帽子やサングラス、日傘が手放せません。
特に紫外線を意識したと言う訳ではないのですが、太陽を避けるために行っていたことが今になって活きているのか、シミやくすみがなく、年よりも若く見られることがよくありますね。
化粧も基本的に薄化粧です。できるだけたくさん睡眠をとりたいので・・・。

先頭行へ戻る