• HOME
  • シミの治療方法
  • シミの種類と原因
  • 肝斑について
  • シミを作らないために気を付けたいこと
  • 【年代別】美白女性に聞いた、シミ対策
  • シミについての基礎知識
  • シミ治療の口コミ情報
  • 肌のお悩みQ&A
  • エリア
  • 梅田
  • 心斎橋・難波

HOME > シミについての基礎知識

シミについての基礎知識

シミを治したり、クリニックを選ぶ前にまずはシミの基礎知識を学びませんか?
肌のターンオーバー、シミのメカニズムについてご紹介します。

シミについての基礎知識

シミは顔に出来ることが多いため、人目に付くことから、「はやく治したい」「少しでも薄くしたい」と思う女性が多いのは事実です。
しかし、手当たり次第市販の美白化粧品を試してみるよりも、まずはシミについての基礎知識を身に着け、正しいシミ対策を学んでみませんか?

もちろんクリニックへ行って治療することも大切ではありますが、基礎知識を覚えてから行くことでより診察や治療に納得がいくかも知れません。

シミについての基礎知識
くすみとは?

くすみとは肌に透明感がなく、明るさやつやも失われた状態のことを言います。シミや肝斑と違い顔全体に現れ暗い褐色に見えるのが特徴です。くすみは分かりにくく、気付かないことも多いのですが、首や頭との境で肌色のトーンが変わっていればそれはくすみです。 顔が暗く見えてしまうなんて綺麗でいたい女性にとっては大敵です。では、くすみは治療できるのでしょうか? くすみ治療は主に美容クリニックで行うことができます。シミ治療ではレーザーを使用しますが、くすみの場合対象がはっきりとしないため、電気の特性を、生かしてくすみに効く有効成分を浸透させる治療法です。美容効果をしっかりと感じることができ、肌トラブルにも柔軟に対応ができることが特徴です。大阪の梅田には優良クリニックが数多くあります。自分に合った機関を選びましょう。

くすみの原因

くすみの原因は様々ありますが、代表的なものを紹介します。
一番の原因は紫外線です。 紫外線の中でも波長の長いαが皮膚の真皮まで肌にダメージを与え、コラーゲン線維やエラスチン線維を破壊し、ハリや弾力性が無くなり、表面がボコボコになり、更にシワも深くなり、暗い影のようなくすみになってしまいます。 波長の短い紫外線β波は、皮膚の表皮にメラニンを生成し、それがシミやくすみの原因になります。更に紫外線β波による皮膚細胞の遺伝子の破壊や、酸化で肌のターンオーバーが遅れて、くすみの要因に繋がります。
また、血行不良もくすみの原因になります。 血行不良によって皮膚細胞に栄養が行き渡らず、ターンオーバーが遅れてします為です。他にも顔色が暗いようになったりすることがあります。 他には乾燥もくすみを引き起こします。
乾燥によって肌の防御機能が落ち、それを基に戻そうと厚い角質層を生成しまい、くすみとなる原因となってしまいます。 自分がなりやすい原因を把握して、適切なくすみ治療を行いましょう。大阪・梅田には信頼できるクリニックが多くあります。

たばこによるシミやくすみ

実は煙草が原因でシミやくすみになると知っている人はあまりいないと思います。
周りでもタバコを長い間吸い続けて、シミやくすみができている人はいないでしょうか。
思い出してみると、意外と多くいるかもしれませんが、たばこを吸い続けて逆に肌がキレイな人も少ないのではないのでしょうか。
なんとなく煙草には害があるからと思う人もいるかもしれませんが、シミやくすみの原因になる理由があります。
ニコチンによってヘモグロビンがダメになり、血行不良が大きな要因です。
他にも、たばこを吸うことで活性炭素が増え、それによってメラニンも作られてしまうのです。
煙草をやめたいと思っている方は、シミやくすみ治療にも繋がると思って禁煙することをお勧めします。
梅田や大阪のクリニックで、シミ治療と一緒に禁煙外来に行くのも良いでしょう。

自律神経によるくすみ

自律神経もくすみを大きく左右します。
自律神経というのは、身体の様々な働きをコントロールしています。
例えば、体温の調整などが分かりやすい例でしょう。
自律神経の中でも、交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経は、ストレスや過労などで乱れてしまうと、体温が落ち、血行不良になりターンオーバーが遅れくすみの原因に繋がります。
一方副交感神経というのは、リラックスしていたり、精神的に安定していると活発化され、体温も上がり、食欲も出たりします。
身体的にも精神的もリラックスした状態を作り出すことで、副交感神経が刺激され、良い循環になります。
日頃のストレスや疲労を解消して、交感神経が乱れないよう、睡眠や正しい食生活を心がけましょう。また、少しでも異変を感じたら梅田・大阪の病院に通ってくすみ治療の検診してもらうのも良いでしょう。

肌のターンオーバー

肌は毎日生まれ変わっている!

「肌のターンオーバー」という言葉を耳にしたことはありませんか?
ない、という方でも、「新陳代謝」という言葉であれば一度くらいは耳にしたことがあるかと思います。
肌の奥深くにある細胞が分裂すると、新しい細胞が少しずつ表面のほうへと押し上げられ、古くなった細胞は角質として排出されます。
これをターンオーバーといい、新しく生まれた細胞の寿命は大体28日くらいと言われています。
ターンオーバーすることによりかさぶたやにきびなどが自然治癒しますが、非常にゆっくりとしたペースです。
なお、ターンオーバーが活発に行われるのは午後22時から午前2時の間、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯です。
いかに日頃食事や運動などに気を使い、肌を清潔にし、そしてこの時間に睡眠をしっかり摂っているかということが、肌の調子にも表れるのです。

メカニズム

「メラニン」の役割を知っておく

シミは皮膚の中にある「メラニン」という色素によって生成されるものです。
メラニンは紫外線から細胞などを守る働きをするため、薄くシミを生成しますが、通常であれば肌のターンオーバーによって角質と一緒に排出されていきます。

しかし、紫外線をたくさん浴びると色素細胞がメラニンを過剰に作り出してしまい、ターンオーバーが追い付かなくなってしまうため、シミとして肌に残ってしまいます。
また、加齢や生活の乱れなどでターンオーバーが乱れてしまうとさらに排出が難しくなるうえ、刺激やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどの原因が重なるとシミができやすくなったり、悪化してしまいます。


シミができるメカニズム

大阪や梅田の多くの女性が悩んでいるシミですが、どうして生まれたときの綺麗な肌でいることができないのでしょうか?シミ治療を行うためにも、メカニズムを徹底解明します。

第1段階
紫外線を浴びると、フリーラジカルという活性酵素が肌の中で発生します。簡単に言うとこの活性酵素がシミの一番の原因です。この活性酵素が引き起こすのはシミだけでなく、シワやたるみもあります。さらに活性酵素はストレスでも発生するので十分に注意しましょう。

第2段階
メラノサイトという色素形成細胞が活性化してしまい、情報伝達物質が作り出されます。つまり、肌の色を濃くする細胞に「濃くしろ」と命令を出している状態です。

第3段階
第2段階でできた細胞が第1段階でできた物質によって刺激され、シミの元となる酵素が働きだします。この酵素をチロシナーゼといい、無色の物質を酸化させます。この酸化した物質が結合し、おなじみのメラニンとなり、肌表面へ出てくるとシミと呼ばれるようになります。

シミと日焼けの違い

日焼けは、紫外線によって肌の内部のメラノサイトが刺激され、メラニン色素が生成されます。
このメラニン色素が皮膚の中に沈着して、肌の色がだんだんと濃くなっていき、濃くなった箇所が日焼けと呼ばれます。
その後、メラノサイトがメラニン色素を作るのをストップし、皮膚のターンオーバーによって、メラニンが外に押し出され、濃くなった部分だけが角質として剥がれ落ち元の肌の色に戻ります。

シミの場合は、メラノサイトによってメラニンが過剰に分泌され、ターンオーバーが追いつかなくなったものが、肌に沈着してシミを作ってしまうのです。
シミを防ぐには、メラノサイトからメラニンを増やす量を減らす事が大切なのです。

シミやくすみ治療はいつ始めた方がよいか

最近は梅田や大阪でもレーザー治療の発展に伴い多くの患者様がシミやくすみ治療を受けるようになりました。初めて始める人などは、始めるのによい時期などはあるのでしょうか。

結論から言うと、夏は避けた方が無難です。
レーザー治療によって肌を照射するので、紫外線から肌を守る必要があるからです。
しかし実際に始める人が多いのも夏なのです。
シミやくすみが気になりだして治療を開始される方が多いです。
ただ、治療をしてすぐに効果が出るとは限らないので、計画を持って始めることをお勧めします。

先頭行へ戻る